So-net無料ブログ作成

GPF2015【速報】羽生結弦3連覇に号泣!330.43点で世界歴代最高を更新 [スポーツ]

 2015年12月12日スペイン・バルセロナで開催中のフィギュアスケートGPファイナルのフリーで、羽生結弦が世界歴代最高の219.48点をマーク、今までの新記録を再び更新し、合計330.43点で優勝、男子初の3連覇を達成した。キスアンドクライにて結果が出て感極まり号泣し、しばらくのあいだ身動きがとれなかった様子だ。

GPF2015表彰台.png

優勝した羽生(中央)は2位フェルナンデス(左)3位宇野とメダルを手にする  撮影・山崎安昭

 フリーの演技での序盤から4回転サルコーから4回転トーループへと連続ジャンプをみごとにきめ、世界歴代記録更新の期待が高まる中、安定の滑りを見せた。フリーの演技が終えると息を整えつつ、完璧な出来栄えに満足の様子。観客席と関係者へ深々と頭をさげた。羽生はまた新たなる未知の領域へ一歩前進した。



スポンサードリンク



 キスアンドクライではブライアン・オーサーコーチと一緒に座り、点数を確認すると両手で顔を何度も覆いながら、辛かった練習のことや様々なことが浮かぶのか感極まり涙が溢れた。コーチが背中をさすりながら声をかけるシーンが涙を誘い感動した。11月のNHK杯で自身がたたき出した322.40点を8.03点も上回り、今回トータル330.43点を記録した。


『【速報】Yuzuru Hanyu 羽生結弦みごと3連覇! FS - 2015 Grand Prix Final 』

YouTube まみちゃんねる公式チャンネル「MAMnewsCH」より


 2位はハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリーで羽生に続き史上2人目の200点代、201.43点を叩き出し合計292.95点。3位はSP4位の宇野昌磨(中京大中京高)がパーソナルベストを14点以上更新し190.32点、合計で276.79点。村上大介(陽進堂)はジャンプのミスが出てフリーで152.02点、合計235.49点にとどまり最下位の6位だった。

GPファイナル 結果.png



【今回の記事は参考になりましたか?】
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




おすすめ記事
■ 羽生結弦 2015グランプリファイナル 圧巻のショートプログラムで世界最高得点へ!
■ 羽生結弦 歴史的偉業に挑戦、GPファイナルで史上初Ⅴ3をねらう
■ 羽生結弦 羽織袴姿で賀正の決意!家庭画報が売り切れ!次はanan12/9狙いだ!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。