So-net無料ブログ作成

多部未華子が熱唱!監督や共演者の要潤らも「多才」と絶賛「あやしい彼女」を語る [映画]

 多部未華子(26)が主演を務める映画「あやしい彼女」の撮影現場が公開された、水田伸生監督をはじめ、多部未華子、要潤、北村匠海が撮影での数々のエピソードを語ってくれた。劇中で多部未華子の歌う楽曲全てを小林武史がプロデュースしたことも明かした。抜群の歌唱力に現場スタッフからも絶賛された。

 韓国、中国で記録的大ヒットとなったコメディ映画を、今回2013年に阿部サダヲ、井上真央などが主演した映画「謝罪の王様」などで知られる水田伸生監督がリメイクしたものである。

tabemikako.png

出典:topicks


 多部未華子演じる節子が、名曲「悲しくてやりきれない」を情緒たっぷりに熱唱するシーンを撮影した当時、多部は切なくもみずみずしい歌声を披露しているが「撮影前は週2回ボイストレーニングをして臨みました」と打ち明けた。「劇中にはライブシーンもあるのですが、お客さんの前であれだけのパフォーマンスをするアーティストの方々を改めて尊敬しました」と貴重な経験になりましたと語った。



スポンサードリンク



 この作品で登場する主人公は、毒舌、頑固でそれでいておせっかい者、何かとトラブルばかり引き起こす73歳になるおばあちゃんの瀬山カツ(倍賞美津子)だった。周囲からは煙たがられ、女手ひとつで娘を育て、なにひとつ想うような人生を歩むことが出来なかった。そんなある日、カツ(倍賞美津子)が娘と大喧嘩し家を飛び出したその先でふと目にした写真館、店主の「私がこのカメラで、お姫様にしてあげますよ」の言葉にカツ(倍賞美津子)が喜び写真を撮ることにした。店を出てみると、そこにはなんと、20歳の姿に戻った自分がいた。

 若くてうるわしい20歳の容姿を取り戻した彼女(多部未華子)は神様が私にくれたチャンスなんだと、まるで失われた時間を取り戻すかのように、髪型、洋服を変え、名前を大鳥節子(多部未華子)と名乗った。天性的才能を活かして歌手になる夢も叶え、初めて思い通りの人生を歩みはじめたが・・・。

 映画は2016年4月1日 全国にて公開・・・映画『あやしい彼女』公式サイト

 多部未華子 オフィシャルサイト: Mikako Tabe official web site


関連する過去の記事:
小林武史との離婚話「いがみあったり色々あった」とakkoが明かす #再婚 [エンタメ]

【今回の記事は参考になりましたか?】
もし、今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




おすすめ記事
■ マイカテゴリー「映画
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。