So-net無料ブログ作成
検索選択
自動車 ブログトップ

2016【Audi】新型「アウディ R8」が受注開始!詳細と最新レビュー [自動車]


海外からの最新レビュー動画を含め

新型R8の詳細情報やスペックなどを紹介!

3月26日、アウディ ジャパンは

9年ぶりにモデルチェンジした

フラグシップスポーツモデル「R8」を

本日より受注を開始した。

時速0Kmから100Kmに達するまで

3.2秒の驚くべき加速性能、

アウディの中では最速のモンスターマシンだ。

2016年度は国内で限定100台を販売。

2016【Audi】新型「アウディR8」が受注開始!モンスターマシン登場.png
(左より)quattro GmbHのA.ワトキンス氏とアウディ ジャパンの斎藤社長


新型「アウディ R8 」の詳細


2006年に登場した「R8」が9年ぶりにフルモデルチェンジとなり、

今回2つのモデルが販売されることになった。

2つのモデルの詳細を下に紹介する。

■ R8 V10 Coupe 5.2 FSI quattro
【エンジン】V10気筒DOHC
【変速機】7速Sトロニック
【クラッチ】デュアルクラッチ
【駆動方式】quattro(フルタイム4WD)
【噴射方式】直接噴射&ポート噴射のデュアルインジェクション方式
【全長】4426mm
【全幅】1940mm
【全高】1240mm
【車両重量】1670kg
【総排気量】5204cc
【最高出力】540PS/8250rpm
【最大トルク】55.1kgm/6500rpm
【価格】2,456万円

■ R8 V10 plus Coupe 5.2 FSI quattro
【エンジン】V10気筒DOHC
【変速機】7速Sトロニック
【クラッチ】デュアルクラッチ
【駆動方式】quattro(フルタイム4WD)
【噴射方式】直接噴射&ポート噴射のデュアルインジェクション方式
【全長】4426mm
【全幅】1940mm
【全高】1240mm
【車両重量】1630kg
【総排気量】5204cc
【最高出力】610PS/8250rpm
【最大トルク】57.1kgm/6500rpm
【価格】2,906万円




スポンサードリンク




省燃費を図るべく新機能と燃費について


2016 新型「アウディR8」が受注開始!0-100km3.2秒のハイスペック.png


今回発売される両モデルは、

アルミCFRP:炭素繊維複合材を組み合わせた

「ASF:アウディ スペース フレーム」を新開発・採用することで、

フレームの重量は初代モデルを10kgも下回る200kgを実現。

全乾燥重量は1454kgとなり初代モデルよりも

50kgの軽量化を果たしている。

また、軽量化とともに新機能も追加され、

初代モデルより燃費が向上している。


【追加された新機能】
 ・低負荷の時にはエンジンを片バンク休止させる
       「COD:シリンダーオンデマンド」を追加
 ・アクセルをオフにした際、エンジンを駆動系から切り離し
      惰性で走る「コースティングモード」が追加

【LEDヘッドライト標準装備】
今回「LEDヘッドライト」を標準装備
(左右それぞれに37個のLEDが備わる。)

【燃料消費量について】
Audi R8 Coupe
・欧州複合サイクルにおける燃料消費量
 12.3~11.4リットル/100km
(1リットルあたり 8.1~8.7km)

※燃料消費量の値は、ホイールとタイヤの選択、
 エンジンおよびギアボックスの組み合わせによって異なる。




スポンサードリンク




コクピットや内装について


2016 新型「アウディR8」が受注開始!初代モデルを超えるハイスペックマシンとは?.png

2016 新型「アウディR8」が受注開始!メーターまわり.png


このレーシングライクなコクピットには、

メーターまわりが『アウディバーチャルコクピット』

という12.3インチの大型モニターが装備され、

クルマに関する様々な情報が表示されるとともに、

ドライバーは表示内容をスイッチひとつで変更できる。


シートはヘッドレスト一体型が標準装備され、

サーキット走行にも対応する

バケットシートもオプションで設定されている。

新型「アウディR8」の最新レビュー(海外発)


★Audi R8 2016 レビュー


★Audi R8 2016 インテリア&エクステリア レビュー


注文から納車までの時期


2016年は日本市場向けの販売とし、

今年は国内で100台の限定数

完全受注生産となっており

3月26日に注文した場合、

納車は7月5日以降の見込みだ。


◆アウディ・ジャパン オフィシャルサイト
http://www.audi.co.jp/
◆アウディ・インターナショナル オフィシャルサイト
http://www.audi.com/
◆All About Japan 長く愛せる「最新ドイツ車」13台
http://allabout.co.jp/m...

☆'・:*:.。.:*: 最後までお読みいただきありがとうございます :*:・'゚:*:・'゚☆
★毎日の”1ぽちっと”がとっても励みになります。。。★
(下の↓画像をぽちっとお願いしますm(_ _)m )
  

おすすめ記事
■ 大阪モーターショー2015 メルセデスがCクラス初のPHVモデルを発表!
■ V6森田剛が快楽殺人鬼を演じる『ヒメアノ~ル』の予告映像が解禁【R-15】
■ 【動画】菅田将暉|ホットペッパービューティー/新CMで大暴走を一挙紹介!!
■ マイカテゴリー「テレビ」、「音楽」、「映画」、「芸能



スポンサードリンク



nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

大阪モーターショー2015 メルセデスがCクラス初のPHVモデルを発表! [自動車]

 メルセデス・ベンツ日本は、インテックス大阪にて12月4日から開催された「第9回大阪モーターショー」でメルセデス Cクラス初のPHV(プラグインハイブリッド車)の『C350e AVANTGARDE』を上野金太郎社長が自ら立会い発表した。発売は2016年1月の予定で、注文受付が開始された。

 メルセデス・ベンツではSクラスのS500eロングに初のプラグインハイブリッドモデル(メルセデスはPIHと呼ぶ)が投入後、今回C350eがそれに続くかたちになった。Cクラスでは初のハイブリッドモデルでもある。

メルセデス PHV.png

『第9回大阪モーターショー』にて 公式サイトhttp://www.osaka-motorshow.com/


走行モードは以下の4つがある。
 ○ハイブリッド(燃料と電気を併用して走行)
 ○E-モード(電気のみで走行)
 ○E-セーブ(バッテリー残量を維持しながら走行)
 ○チャージ(燃料で走行しながらバッテリーを充電)

 充電時間はAC200Vの普通充電で約4時間、チャージモードを選択しての走行では約40分でフル充電される。E-モードでは最高時速130kmのEV走行が可能で最大航続距離は約30kmとなっている。
 ※30kmと聞くとたいした距離ではなさそうだが、国土交通省の調べでは日本のクルマの1日当たりの使用距離が30km以下という統計になっているので、毎日充電さえすればガソリンを使わず環境にも優しくCクラスに乗れるということになるのだ。



スポンサードリンク



 トランスミッションは7速ATのリヤドライブが設定され、4ドアセダンとステーションワゴンの2種類のタイプが選択できる(クーペはなし)。
 燃費は※JC08モードでセダンが17.2km/L、ステーションワゴンが16.5km/Lとなっている。現行のCクラス(ガソリン車)が12~20.3km/Lと燃費にばらつきが見られるが、PHVの場合はばらつきのない燃費になるのか今後のインプレッションを待ちたい。
※JC08モードとは、新しい燃費測定方法のことです。2009年10月1日以降に発売される新型車には、このJC08モード燃費の表示が義務付けられています。

 従来のカタログに表記されていた10・15モードとの違いは、まずエンジンが暖まった状態からのスタートで最高速度70km/hにおいて緩やかな減加速で測定していたのに対し、エンジンが冷えた状態からのスタートが加味され、最高速度も80km/hに引き上げられて測定されます。当然、減加速の測定も厳しいものとなっています。

   新車で販売される車両のカタログでは、2012年まではJC08モード10・15モードとの併記が可能となっており、すでに販売中の国産車および、輸入車に関しては2014年まで移行期間が設けられています。

 今年の7月30日にはメルセデス・ベンツはYouTubeの公式サイトを通じ、C350 eのプラグインハイブリッドモデルのCM映像を世界に配信し話題となっていた。
以下がそのCMだ。


 今発表会のあと、メルセデス・ベンツ日本の上野社長は「プラグインハイブリッドでもパワーはあります!スポーティーな走行を体験してみてください。」と囲み取材陣に自信に満ちた笑顔で答えていた。
 メルセデス・ベンツのコーナーは会場の4号館で「エコカーと暮らしの未来ゾーン」に出展されている。「クルマとしての効率を徹底的に磨き上げ、CO2排出量のさらなる低減を目指す」という目標で取り組むメルセデス・ベンツ。地球環境の問題をベースに考え、走りを追及する姿勢は崩さずに未来に近いエコカーがこうして生まれていくのである。

メルセデス 公式サイト.png



◎『第9回大阪モーターショー』 公式サイトhttp://www.osaka-motorshow.com/

 会場:インテックス大阪 (大阪市住之江区南港北1-5-102)


 
 場所:1号館・2号館・3号館・4号館・5号館A・6号館A・Bゾーン
 
 開催日:2015年12月4日(金) 10:00~17:00
      2015年12月5日(土) 9:30~18:00
      2015年12月6日(日) 9:30~18:00
      2015年12月7日(月) 10:00~17:00
 
 入場料:1,600円(前売り 1,400円・・・売り切れ)
       ※小学生以下入場無料
       ※障がい者手帳お持ちの方と付添い1名まで無料


【今回の記事は参考になりましたか?】
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
自動車 ブログトップ