So-net無料ブログ作成

羽生結弦が映画に初出演!!王子様⇒お殿様へ☆彡映画『殿、利息でござる!』 [映画]


フィギュアスケート選手で

世界ランキング1位の

羽生結弦が映画『殿、利息でござる!』で

仙台藩第7代藩主の伊達重村、

「お殿様」役で銀幕デビューを果たしていることがわかった。

映画初出演で

氷上の王子様から羽織袴&まげ姿の凛々しいお殿様へ!

この映画は実話であり人々の奇跡と感動の歴史秘話だ。

主役の阿部サダヲら豪華キャストが集結!

羽生結弦が映画『殿、利息でござる!』殿さま役で映画初出演豪華キャストらと共演.png
映画初出演で羽織袴&まげ姿が凛々しい殿様役の羽生結弦


映画『殿、利息でござる!』あらすじ


この映画は、実話をもとにした

磯田道史による評伝集「無私の日本人」

の一編「穀田屋十三郎」を中村義洋監督が

ユーモアたっぷりに映画化したものだ。


江戸中期の仙台藩で吉岡の宿場町を舞台にした作品。

実在する吉岡宿の貧乏庶民である

穀田屋十三郎ら9人が、

年貢の取り立てや労役で困り果てる

破産寸前の宿場町を守るため、

藩に金を貸して毎年の利子を住民に配る

「宿場救済計画」を打ち立てる。


身の程知らずな男たちが、

お上相手に立ち向かい奔走する姿を描く、

知恵と勇気と我慢のゼニバトル(銭戦)だ。




スポンサードリンク




超豪華キャストと登場人物紹介


映画『殿、利息でござる!』あらすじ、登場人物の画像と紹介.png


※画像の左から
松田龍平                   竹内結子
  橋本一郎              千葉雄大
    中本 賢           きたろう
      寺脇康文      西村雅彦
         妻夫木聡  瑛 太
             阿部サダヲ

【萱場杢】 松田龍平
 冷酷無比な藩の役人、切れ者

【早坂屋新四郎】 橋本一郎
 極端な優柔不断で最大の関心事は温泉掘り

【穀田屋善八】 中本 賢
 おときを狙うハンター、見栄っ張りなところもある

【遠藤幾右衛門】 寺脇康文
 年老いて生まれたわが子を愛するイクメンで頼りがいのある男

【浅野屋甚内】 妻夫木聡
 ケチでしみったれな金貸しで十三郎とは兄弟

【穀田屋十三郎】 阿部サダヲ
 思い込んだら試練の道を行く男

【菅原屋篤平治】 瑛太
 自称:吉岡宿一の知恵者

【遠藤寿内】 西村雅彦
 噂好きで、ええかっこしいで、疑い深い男

【穀田屋十兵衛】 きたろう
 十三郎の叔父でちょっぴり思い込みが激しいがやさしい男

【千坂仲内】 千葉雄大
 武士の身分に憧れる純真な百姓で若いのに町をとりまとめる

【と き】 竹内結子
 皆に愛される飯屋のおかみ(未亡人)

【伊達重村】 羽生結弦
 仙台藩の第7代藩主、伊達氏宗家第23代当主。伊達のお殿様
 (※画像はトップ画像参照)
 



スポンサードリンク




出演者・監督からのコメント


【羽生結弦のコメント】
江戸時代の仙台藩を舞台にした映画「殿、利息でござる!」で、伊達の殿様役を頂き、初めて役者として、演技をさせていただきました。お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。
このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください。

【阿部サダヲのコメント】
殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士で色々予想をしてたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…。撮影当日まで(ご本人と)全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです…。 本来、殿様を庶民が見てたら「頭が高い」と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました(笑)キレイでした(笑)
普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました。

【中村義洋監督のコメント】
ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが「殿様=雲の上の人」と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。そんな時に出たのが羽生さんの御名前。これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です。
引用元:http://www.cinra.net/news/20160204-tonogozaru


映画情報


映画『殿、利息でござる!』劇中カット 阿部サダヲと瑛太 2016年5月14日公開.png
劇中カット 瑛太(左)と阿部サダヲ


映画『殿、利息でござる!』
2016年5月14日(土)から全国公開

【監督】
 中村義洋

【脚本】
 中村義洋、鈴木謙一

【原作】
 磯田道史『無私の日本人』所収『穀田屋十三郎』(文春文庫)

【出演】
 阿部サダヲ
 瑛太
 妻夫木聡
 竹内結子
 松田龍平
 寺脇康文
 きたろう
 千葉雄大
 橋本一郎
 中本賢
 西村雅彦
 草笛光子
 山崎努
 羽生結弦


映画『殿、利息でござる!』特報映像(30秒)


十三郎演じる阿部サダヲが

宿場救済計画のために右往左往する。

茶師の菅原屋篤平治を演じる瑛太は町一番の切れ者、

十三郎の弟の浅野屋甚内演じる妻夫木聡、

十三郎らの案に拒否する藩の役人の萱場杢を演じる松田龍平、

煮売り屋のおかみ役を演じる竹内結子ら豪華キャストが集結!




Twitterでの反応は?









阿部サダヲ主演 映画『殿、利息でござる!』ポスターが解禁!2016年5月14日公開.png

千両集めて、ビンボー脱出!
“知恵”と“勇気”と“我慢”の銭戦(ゼニバトル)が、今、はじまる―。
2016年5月14日(土)全国ロードショー


映画『殿、利息でござる!』公式サイト
http://tono-gozaru.jp/
映画『殿、利息でござる!』公式Twitter
https://twitter.com/tono_gozaru/


☆'・:*:.。.:*: 最後までお読みいただきありがとうございます :*:・'゚:*:・'゚☆

★毎日の”1ぽちっと”がとっても励みになります。。。★
(下の↓画像をぽちっとお願いしますm(_ _)m )
  

おすすめ記事
■ 『菅田将暉&池松壮亮+中条あやみ 映画『セトウツミ』公開日& 劇中シーンが解禁!』
■ 『中島裕翔×新木優子が映画“ぼくごは”の心温まるラブストーリーで共演決定!』
■ 『菅田将暉、最新キスのお相手は門脇麦!映画『二重生活』で濃厚ラブシーン』
■ マイカテゴリー「テレビ」、「映画」、「芸能



スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(43)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました