So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

【動画】ベトナム・14歳の少女がiPhoneを充電しながら寝たら感電死!「身近なところに潜む危険」 [ニュース]

事故

ベトナムに住む14歳の少女が、

iPhoneをベッド脇でいつものように

充電しながら眠りについたが、

破損したケーブルで感電死したという

衝撃のニュースが飛び込んできた。

(ニュース動画あり)


スポンサードリンク



iPhoneでまたもやいたましい事故(感電死)


1

ベトナムの首都ハノイにある

ホアンキエム地区に暮らす

14歳のレ・ティ・スアン(Le Thi Xoan)さんは、

いつものように自室のベッド脇に

iPhone 6を充電し就寝した。


しかし、その充電用ケーブルは根本部分が断線しており、

その部分にセロハンテープで補修しながら

使用していたとみられたが、配線が露出していた模様。

地元警察の調べによるとスアンさんの

寝室に燃えたケーブルを発見したという。

両親が発見した時にはスアンさんは

意識不明の状態であり、

すぐさま病院へ搬送されたが意識は戻らず

感電による死亡が確認された。

4



正規品じゃないiPhone充電ケーブルを使用


5

その後、スアンさんが使用していた

充電用ケーブルが調査されたが、

純正の充電ケーブルよりも50cm短いことから、

他メーカーのものを使用していたのではないかと

報告された。


アップルでは、純正品、もしくは

「Appleの正規ライセンス取得製品」以外の

充電ケーブルの使用は禁止・補償対象外としており、

このようないたましい事故が起こる危険性が

あるということを覚えておきたい。


スポンサードリンク



iPhoneの充電ケーブルを補修して使用は注意!


3

スアンさんがケーブルに破損があることを

知りながらも使い続けていたことが、

今回の不幸な事故を招いてしまったようだが、

私も今まで同じように

充電ケーブルの被膜が破れたところに

同じようにテープを巻きながら

使用した経験があるが、

まさか感電死するほど危険だなんて

考えたことがなかった。


このニュースを知った人からは

「だから模造品のケーブルを使うのは危険なんだ」


「充電したまま眠るとこうした事故を招きやすいから、

寝る前にはプラグから外している」


「アップル社の正規品が高すぎるから、

安い他メーカーを買う人が増えるんだ。

アップル社がもっと安く売ればいいのに」


「でもそんな低ボルトで感電することなんて

あるんだろうか」


「まだ若いのにかわいそうに」

といった声があがっている。



人間は、どれくらいの電圧・電流で死んじゃうの?


2

では、人間は何ボルト(何V)の電圧、

何アンペア(何A)の電流で感電死してしまうのか?

簡単に調べてみたので、紹介しよう。


一般的に、電圧は42V以上が危険とされてるが、

電流は、微弱でも死に至る可能性があるようだ。


ちなみに、

iPhoneの充電器は、

入力(INPUT):100v~240v
出力(OUTPUT):5V 1A

電圧は、5V

流れる電流値は、1A(1000mA)。


【感電・人体に電流が流れた場合の目安】

■ 0~0.5mA
電流を感知できない

■ 0.5~5mA
ビリビリと痙攣を起こさない程度で、
指や腕などに痛みを感じる

■ 5~30mA
痙攣を起こし、接触状態から離れることが
困難になる。呼吸困難や血圧上昇が起こる

■ 30~50mA
強い痙攣を起こし、失神や血圧上昇をまねく。
長時間の感電は死亡するケースもある。

■ 50mA以上
強烈なショックを受け、心臓停止や火傷により
死亡する可能性が極めて高くなる。


このことから、iPhoneの充電器から

1000mAの電流が人体へ流れた場合

多いに死亡してしまう可能性を秘めているようだ。


ただし、

「電流がどこからどこへ流れた」通過した?というのも

重要なようで、

例えば左指から心臓を通過し右足へ流れた場合など

危険なようだ。



iPhoneで感電死しない方法・まとめ


6

とにかく、

①純正品以外の充電ケーブルを使用しない。

②被膜にひびが入ったり中の配線が
  剥き出しになったものは使用しない。

③人体に近づけた状態で充電しない。

このことで、重大な事故を

少しでも減らすことが出来ると思う。

【関連動画】




スポンサードリンク



【関連記事】
14歳の少女、入浴中にスマートフォン使用で感電死
https://iphone-mania.jp/news-175211/
nice!(11)  コメント(0) 
前の1件 | -